群馬県地域医療支援センターとは

センター長ご挨拶

川原 武男

 本県では、県内のどこに住んでいても安心して医療サービスを受けられるよう、医療人材の育成・確保を県政の最重要課題の一つとして位置づけ、その実現に向けて様々な施策を実施しております。
 特に、人口10万人当たりの医療機関従事医師数が全国平均を下回る本県においては、人口減少や急速な高齢化が進む中、医師の確保と地域・診療科偏在の解消は重要な課題となっており、意欲あふれる医師が県内各地域で診療に従事しながら、技術、知識、経験をしっかりと身に付けることができる環境を整え、医療の第一線で活躍できるよう支援することが必要であると考えております。
 そこで、群馬県地域医療支援センターでは、「ぐんま地域医療リーダー養成キャリアパス」を作成し、卒後10年間のキャリアアッププランを提示することにより、若手医師がその大きな夢を実現できるよう、一人一人のキャリア形成をきめ細やかに支援してまいります。  また、専任医師によるキャリア相談を充実させ、不安や疑問等を解決することで、地域医療に貢献したいという意欲あふれる学生や若手医師のサポートにも取り組んでまいります。
 さらには、高校生や医学生を対象とした体験セミナーを開催し、地域医療の現場に触れる機会を提供することで、医師を目指す若者を応援してまいります。
 当センターを核として、群馬大学をはじめ県内病院や関係機関と連携し、医師の育成・確保に取り組んでまいります。一人でも多くの医師の皆様に本県の医療に携わっていただき、地域医療のリーダーとして御活躍いただくことを期待しております。

群馬県地域医療支援センター長(群馬県健康福祉部長) 川原 武男

副センター長ご挨拶

村上 正巳

 群馬大学医学部附属病院には、2017年11月に医師を始めとする医療スタッフの人材育成を推進して地域医療ネットワークを充実させることを目的とした群馬大学地域医療研究教育センターが設置されました。群馬県から群馬県地域医療支援センターの事業の一部を新たに発足しました群馬大学地域医療研究教育センターに委託していただいています。
 群馬大学医学部医学科では、平成21年度より将来群馬県の地域医療に貢献したいという強い意志を持って入学する学生に群馬県から修学資金を貸与していただく地域医療枠の制度を設けています。平成21年度は6名であった地域医療枠学生は、現在18名と当初の3倍になっています。
 群馬県地域医療支援センターでは、高校生や地域医療枠の学生を中心とした医学生を対象として群馬県内各地の医療機関における地域医療体験セミナーなどの地域医療の現状を理解していただくプログラムを実施し、将来群馬県で活躍する医師の確保を目指しています。
 学生時代にこのようなプログラムに積極的に参加し、地域医療に貢献することを強く希望する地域医療枠の卒業生がすでに群馬県内の病院で研修を開始しています。群馬県地域医療支援センターでは「ぐんま地域医療リーダー養成キャリアパス」を作成して、若手医師の地域医療へのさまざまな夢や希望を実現するための支援を行っています。
 群馬県における医師の偏在の解消と地域医療に貢献する優れた医師の育成を目指して、群馬県、医療関係機関や団体の皆様と連携してさまざまな取り組みを行いたいと思います。ご支援とご指導をよろしくお願いいたします。

群馬県地域医療支援センター副センター長(群馬大学医学部附属病院地域医療研究・教育センター長)
村上 正巳

実施体制

実施主体は群馬県で、事業の一部を群馬大学に委託

窓口 電話
群馬県健康福祉部医務課 医師確保対策室 027-226-2540
群馬大学医学部附属病院 地域医療研究・教育センター 027-220-7938

人員配置

センター長  群馬県健康福祉部長
副センター長 群馬県地域医療支援センター 副センター長
専任医師2人、専従職員3人

事業内容