キャリアパスによるキャリア形成支援

画像が入ります

趣旨・目的

医師としての確かな実力を身につけるためには、医師免許取得後の10年間は非常に重要な期間です。群馬県では、「群馬県内の地域医療に貢献したい!」という情熱を持つ若手医師を“オールぐんま”でサポートし、将来の地域医療のリーダーを養成する目的で「ぐんま地域医療リーダー養成キャリアパス」を作成しました。群馬県地域医療支援センターと地域の関係機関が一体となり、若手医師の皆さんのキャリア形成を支援していきます。

対象

群馬県の地域医療に貢献する意思を持つ、医学部卒業後(医師免許取得後)10年以内の若手医師を対象とします。地域医療への情熱を持つ若手医師に幅広くこのキャリアパスにご参加いただき、地域医療のリーダーとしての確かな実力を身につけてください。

特徴

臨床医にとって重要な能力を3つに分類し、「3つのC(Clinical Skill; 臨床技能、Clinical Research Mind; 科学的探究力、Character; 医師としての人格)」と名づけました。本キャリアパスでは、医学部卒業後の10年間に幅広い臨床経験をつむ中で、この3つのCをバランスよく身につけ、地域でも世界でもオールラウンドに活躍できる医師に成長することを目指します。地域間ローテーション・病院間ローテーションの考え方を取り入れることにより、さまざまな知識や技術を確実に習得しながら、地域医療への貢献を実践していきます。また、若手医師の皆さんの進路に対するさまざまなニーズ、専門医資格や学位の取得にも配慮した支援を行います。

臨床医に必要な3つの力を身につける
病院診療リーダーコース図・ローテション図

参加方法・お問い合わせ

キャリアパスに興味のある方、キャリアパスへの参加を希望する方は、群馬県地域医療支援センターにご連絡ください。キャリア支援スタッフが対応いたします。
(相談のみも受け付けています。お気軽にお問い合わせください。)